無料ブログはココログ

« また子供が亡くなりました | トップページ | 事故らなくてよかった。 »

2006年2月 9日 (木)

あなたはそれでも母親ですか?

上の子供が風邪をひいたので耳鼻科に行きました。
私にはそんなときに頼れる人もいないので、もちろん下の子も
連れてです。とても混んでいて、待合のいすもゆうゆう座れるほど
ではありませんでした。
少しすると、なんか変な臭いがしてきました。ん??と思って
きょろきょろしたら、なんと待合のいすにでーんと寝転んですごい
ウンチのオムツを、堂々と換えているではないですか。派手な
風貌のママ、子供はもう3歳くらいの男の子です。
あまりの驚きに目が点になりました。他の方も顔をしかめていま
した。ベビーベットがなかったので、仕方がないのかなあと思い
ましたが、決して気分のいいものではありませんでした。

混んでいたので飽きてくる子供が多かったのですが、ほとんどの
ママは本を読んであげたり、抱っこしたり、必死にあやしていま
した。ところが、ウンチ坊やのママは携帯メール真っ最中。
言って置きますが、ここは病院です。携帯電話は電源切り
ましょうよ。

子供が
「ねえ、、ままぁー」 と、かまって欲しくて近くに行っても知らん顔、
こどもはうろうろ・・・。そのうち今度はそのママ、雑誌を読み始め
ました。子供はもう飽き飽き・・。ねえ、ママーと抱きついて何度も
話し掛けます。そしたらそのママなんて言ったと思います?

その手を振り払って

「痛いよ」「もう、うっるさいなー。しつこいよ」「座ってな」
「本読んでるんだから静かにして」

・・・言っておきますがここは病院です。
読書をするところではありません。それから、本を読みたいから
静かにするのではなく、他の方に迷惑がかかるから静かに
するのです。あきれて周りの方はため息ついたりしてました。
本人、一向に気にせず・・・。

そのあと、子供は待合を走り回り、帰るまで駄々をこねていた
ことは言うまでもありません。
かわいそうな子供です。正しいことを教えられず、大きくなったら、
親と同じ”親”になってしまうでしょう。

私は・・といえば、11ヶ月児をずっと抱っこ、4歳の上の子の
世話を焼いてへとへとになって帰ってきました。確かに病院での
子供の世話はものすごく大変です。気づかれするなんてものじゃ
ありません。

けれど、ウンチ坊やのママ、それでもあなた母親ですか??
そんなに子供の面倒を見るのがいやならどうして産んだの
ですか?よっぽど言ってやりたいと思いましたが、今の世の中、
すぐ刺されたり殺されたりするのでやめました。家は結構病院
に行くことが多いのですが、本当にこういう親増えてきています。

« また子供が亡くなりました | トップページ | 事故らなくてよかった。 »

育児」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。。。なおと申します(^▽^)
コメント欄を見ると、ココログでお友達になった、
ママりんさんとのんのんさんが来てました~♪

私は2才と3才の子の母です(^-^)
前の記事も読ましてもらいましたが、、、
ほんと、悲しいニュースが多いですね。
ましてや、自分の子供を・・・
私は決して、よくできた母ではないけど、
子供を愛する気持ちはいっぱいです。
こんなニュース、子供がかわいそうで悲しくなりますね。

今回の記事の内容もよくわかります。。。
「親が見ないで誰が見んだよ!!」って言いたくなりますね。
場合によっては、私はキレてしまいますよ・・・;
母としてはなるべく穏便に済ましたいですが・・・

すいません長々となってしまって・・・
よかったら一度覗いてくださいね(^-^)

遊びに来てくれてありがとう(○^▽^○)
私も今日おまめが熱を出したので、病院へ行き、似たような体験をしました。私もブログの記事にしました。
皆それぞれ色々な考え方で子育てをしてると思うけど、同じ母親として、やっぱり許せないような場面にたまにぶつかります。
私も母親としてまだまだ未熟なところがあるけど、なるべく悪いお手本にならないように心がけてます☆

なおさん、ママりんさん、コメントありがとうございます。本当に最近、子供がそのまま親になったみたいな人がおおくて、びっくりしますよね。すぐ逆恨みされるから、怖くて注意もできないし・・。せめて自分の子供だけはああいう親にならないよう、お手本になりたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37494/656005

この記事へのトラックバック一覧です: あなたはそれでも母親ですか?:

« また子供が亡くなりました | トップページ | 事故らなくてよかった。 »